自家配合飼料


 ぶぅふぅうぅ農園では豚や鶏に与えるエサに特にこだわっています。

基本的なトウモロコシと大豆かすはNon-GM,PHFのものを使用し、エコフィードなどと合わせた自家配合飼料を与えていたます。

  現在、エコフィード等を使うことにより60に~70%を国産の餌でまかなっています。


  豚の離乳後の育成期や成鶏には消化をよくするため、ご近所のお豆腐屋さんから分けていただいた「おから」を加えた発酵餌を与えています。

エコフィード


 日本の畜産は約90%の輸入の餌によって成り立っています。

 

 地球の温暖化による食料生産の不安、そして10億人といわれる飢餓人口を真摯に受け止め

エコフィード(食品工場から出る副産物)の利用を積極的に進めています。

 エコフィードは原料が確認できるものを使うようにしています。

 

 エコフィードは副産物であるため、手に入る量が一定ではないものもありその時によって使用するものが変わることがありあます。

 一定量が手に入りメインで使っているものを紹介いたします。


米糠

 お酒を造るときや、お米を精米するときに出る米糠。

ナチュラルチーズ

 無添加のナチュラルチーズは豚も鶏も大好き!貴重なタンパク源になっています

ポテト

 オーガニックの乾燥したポテトチップを脱穀機を使って細かくし使用しています。


おから

 近所のお豆腐屋さんからいただいてきます。

 子豚のエサや鶏のエサと混ぜて発酵エサにしています。



実はすごくめんどう・・・ 

 エコフィードは配合するまでに細かく砕くなどの手間がかかったり、微粉末のものは餌箱から落ちにくくなり、夏場では暑さで固まってしまうなど一筋縄ではいかないものも多いです。

 手間はかかりますが環境や飢餓のことも考えつつ利用させていただいています。